香水ってどうなのでしょう

香水ってどうなのでしょう

私にはどうしても我慢できないという苦手なものがあります。それはどこにいっても高確率で私のそばにあり、不快感を感じさせてくれます。

私が我慢できないほど苦手なもの、それは香水の匂いです。

先に言っておきましょう。香水自体の匂いは嫌いではありません。しかしそれはあくまでもほのかに香る程度の心地よい香りの量です。ふとしたときにほんのちょっぴりかすかに香る程度の香水は素敵です。私が苦手なのは、そんな素敵な匂いではなく、始終プンプンと香りを漂わせ続けるきつい香水の量の匂いです。

電車の中で隣に居合わせた女性が香水がきつくてその場から離れるということはよくあります。密室空間ということもあり、余計に匂いに苛まれやすくて辛いです。

飲食店で香水の匂いがきつい人が近くにいるのも辛いです。香りが強すぎてもう、食べてるものの味が全然分からなくなってしまうなんていうことはよくありますから。特に居酒屋。あそこは香水がきつい人がいる確立が高いです。

香水というのはそもそも、自分の体臭を誤魔化すものであったはずです。ということは何ですか?香水をじゃぶじゃぶふりかけている人はそんなに自分の体臭を気にしているというのか…… そう考えると余計に気持ちが……

100歩譲って女性のきつい香水は見逃すとしましょう。しかし男性の香水は全く持って私は好感を抱けません。初見の人がきつい香水の匂いを漂わせていた場合、私はすぐに「あ、この人とは仲良くなれないな」と感じてしまいます。

中には本当に体臭がきつくて香水を苦し紛れにつけているという人もいるのでしょう。ですが時折、香水の匂いと体臭が化学変化を起こしたような、なんとも形容しがたい嫌な匂いを発している男性もしばしばいます。もう、逆効果なので控えた方が良いと教えてあげたくなります(笑)

私は体臭を気にしたことも無く、気にするほど匂うとも思っていません。なので体臭対策に関してよくは分からないのですが、香水以外にも体臭を抑える方法って無いのでしょうかね? 体臭グッツとかあるはずですよね。そういったグッツを利用したほうが、香水より良いのではないでしょうか。

ちなみに、、香水屋さんを興味本位で覗いて色々香ってみたことは何度かあるのですが、中には爽やかで素敵な香りもありました。そういった人畜無害の香水をつけたほうが好感あるんじゃないかなと私は思うのですが。

タクシー求人

完璧の意味

完璧主義者を自負する人はまずいないでしょう。自覚している人はそうそういるものではありません。完璧主義者というレッテルは、周りの人が誰かに与えるものです。

あの人変なところで完璧主義者だからね、というような感じで使いますよね。そう言われている本人は、ハリの穴ほどもそんなことは思っていないものです。

そしてそれを、私はよく言われます。完璧主義者だよね、と。まったくそんなことはありません。

より高いレベルを目指して、というところはあります。さらに効率よくとか、もっとよくするためにはどうしたらいいか、とかそういうことは考えます。

でもそれと完璧主義者とは、似て非なるものだと思うのです。完璧主義者とは自分の考えが完璧だと思っていて、それを達成するためには周りを省みない人だと思うのです。

何事も完璧に、自分の思い描いているとおりにするには、自分ひとりの力では到底無理なのですから。

それがわかっていて、それでもさらに完璧主義者だと自覚できるのであれば、もうそれは大した才能だと思います。完璧主義者とは単なる意志の強いワガママだと思ってます。

ですから、それに自分が該当していると言われると少なからずヘコみます。ああ、そういう風に思われているんだな、と思うと涙が出てくるほど悲しくなります。

自分は自分の思い描いている理想に少しも達することのできない人間だからです。

何事も完璧にこなす人なんてこの世にいるのでしょうか。いないはずです。そんな人は人間ではないと思います。イチローだってきっと完璧ではないはずです。

あんなに努力をして才能を開花させている人ですら、きっと野球以外はてんでダメ、といった感じだと思います。あくまで想像の範囲ですので誤解なきよう。

ご本人はきっと、その時自分に出来る最高のことをやっているだけでしょう。

完璧とは、自分が出来ることを最大限にやりながら、ほんの少しの余裕を持っている状態ではないかな、と思うのです。決して最高の防具で身を固めた状態ではないはずです。

そして自分が出来ることは、その場その場で常に変わっていきます。そこに対応できる人が、いわゆる天才という扱いを受けることになるのでしょう。

自分を信じることができる、それこそが完璧の正体ではないかなと思います。